2012年 06月 05日
夕張紀行~②遊園地跡
石炭の歴史村自体は大きなテーマパークとして運営されていましたが2006年に破綻、その後歴史的価値のある博物館などの一部のみが営業を続けています。
そのほかの施設は営業していないんですが、大型のジェットコースターなどこそ撤去されたものの、ほとんどがそのままで残されていました。遠目には今も営業しているようですが、近くによるとちょっと怖いものがありました。
b0225108_22301572.jpg

b0225108_2230764.jpg

b0225108_22295947.jpg



博物館前から遊園地までを結んでいたであろうミニ鉄道の駅のあとです。
b0225108_22295038.jpg

b0225108_22294221.jpg

b0225108_22293527.jpg

b0225108_2229241.jpg

b0225108_22291530.jpg

b0225108_2229270.jpg



花が咲いていることがこんなに悲しく思えることがあるんですね。
b0225108_22285399.jpg

b0225108_22284422.jpg

b0225108_22283730.jpg

b0225108_22282872.jpg

b0225108_22281834.jpg



更に更に続きます。

by obokaza | 2012-06-05 18:00 | Comments(14)
Commented by Lapis-k at 2012-06-05 18:27
 ワスレナグサが、忘れないで・・・、と言っている様・・・。
人がいなくなった村に入った人が言っていました、チョウ一頭居なくて気味が悪かったと・・・。
  ↓ 月がうす雲の下から少し欠けたのが判りました。
菜の花が一面に咲き田植えも済んで、人々の営みは続いていますね。
Commented by nama3_kitano at 2012-06-05 22:22
 本来、子供達の元気な声が消えなければならない施設
の廃墟は、本当に寂しい気持ちになります。廃校になった
小学校などと同じですね。いろいろな想像が、映像となって
頭を駆けめぐります。
Commented by lucentx at 2012-06-05 23:13
こんばんは
こんなにいろいろな施設が残ったままだと
確かに遠目に写真で見ると普通すぎてますね。
でも、近寄ってみると怖いものがあるという
のもなんとなく分かります。
これが、夕暮れだったら本当に怖いでしょう。
花が咲いていて、のどかという気分にもなれない
空気があったのでしょうね。
Commented by TRIP at 2012-06-06 01:12 x
歴史村の博物館の中は、今はどこまで見られるんですか?
採炭現場とか当時の人々の暮らしの人形たちとかって、
もう見られないのかな?
最後に行ったのは破綻前のたぶん2000年くらいなので、
随分変わってしまったのでしょうね。
私はほとんど空知支庁に住んでいたので、
道央、道南、道東はそこそこまわりました。
ただ、道北は立ち寄ったのが稚内、宗谷岬くらいで、
あとは通過しただけです。
なので、道北シリーズをやって頂けると、私はほとんど
知らないネタになりそうです(笑)
利尻と礼文も一度は行きたい!!
Commented by rubyrose at 2012-06-06 01:15 x
お花がひっそりと咲いている様子が虚無感を誘いますね。
NHKで放映された番組と重ね合わせて、見ていました。△唸▼!考えさせられますね…
小学生の頃、通っていた英会話?…そんな立派なものじゃないか…英語教室で習った唄が耳元で聞こえてきました。
よく覚えていないのですが、メロディーが明るいのに歌詞の意味が悲しい内容だった?気がします。 花はどこに行った…??という題名?だったかな?
◆青々とした草木や野花、人気のない町を不気味なほど、強調している…気がしました◆。◆
Commented by littlenap at 2012-06-06 11:00
テーマパークの破綻、考えさせられるものがありますね。
誰も足を踏み入れなくなった場所でも、お花は咲き続ける。
なんともいえない気持ちになります。
おぼかざさんに目を止めてもらったお花たち、
きっとうれしかったと思います(^^)
Commented by mackenrow2 at 2012-06-07 00:33
凄くディープですね、枕木が積み上げられてる写真なんか
まさにって感じでいい味出てます。
最後の俯瞰した写真なんかも、青空の下子供たちの歓声が聞こえてきそうな感じがしますね。
テーマパークは出来た当初はお客さんが来ますが、そのまま施設を更新しないと飽きられちゃうんですよね~
それで余力が無いと潰れてしまうんでしょうね。。。
もうやらないなら取り壊せばいいのにと思いますが、それもお金が掛かるからやらないのでしょうね。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:33
Lapis-kさん、こんばんは。

そう!勿忘草でしたね。
そこまで荒れ果てているわけではないのが、逆に寂しさを感じさせました。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:34
nama3さん、こんばんは。

思いを共有いただけているようです。
小学校、このあと登場の予定です。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:36
lucentさん、こんばんは。

そうなんです。ちょっと見ると営業してそうな気もする感じなんです。
しかもこうやって近づくことができて・・・
なんだか不思議な感覚でした。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:38
TRIPさん、こんばんは。

歴史村の中の博物館は営業していたので、真っ暗体験をはじめとした
展示はあるようでした。
ただ結構な入場料で一時間くらいかかりそうだったので、結局入らずに来てしまいました。
悪い観光客でした。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:39
rubyroseさん、こんばんは。

こういうところは、綺麗であればあるほど悲しい気がします。
ホントに子供たちの歓声が聞こえてくるような気さえしました。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:42
ちょこままさん、こんばんは。

今回は考えさせられましたが、あまりに重くて
途中から思考が止まった気がします。
お花の話、ありがとうございます。
Commented by obokaza at 2012-06-07 00:43
マッケンさん、こんばんは。

枕木のはカラーだときつすぎて、モノクロにしてみました。
これでも最低限、コースターや観覧車などの大型遊具は
片付けられているようです。
声!聞こえますよね・・・


<< 夕張紀行~③歴史村・滝そしてズリ山へ      番外編~たまたま月食を・・・ >>