2012年 06月 26日
初夏の北大植物園~①
日曜日、久しぶりに北大植物園に行ってきました。4回シリーズの予定でアップします。

最初は渋いところから行きます。

この花は何でしょう?
b0225108_2235884.jpg


こちらは実
b0225108_2235092.jpg



答えは行者ニンニクでした。アイヌネギとも呼ばれ、てんぷらやおひたしで相当頂きました!

次はエゾネギの花です。
b0225108_2234521.jpg




イワミツバ
b0225108_22344519.jpg



これは林の中で不明。
b0225108_22343566.jpg



ノコギリソウ
b0225108_22342659.jpg



エゾカンゾウ
b0225108_22341846.jpg



エゾノシモツケソウ
b0225108_2234106.jpg




ラストは円山にもたくさんあったオオハナウドです。
b0225108_2234254.jpg



つづく・・・

by obokaza | 2012-06-26 18:00 | 草花 | Comments(2)
Commented by lucentx at 2012-06-26 23:32
こんばんは
北大植物園、いろいろな花がありますね!
一枚目は、何てかわいい花だと思ったら、行者にんにくの
花ですか!?それは、ビックリです。
エゾネギの花、緑の風の中に佇むような姿がいいですね。
林の中で不明な花は、光の感じ、バックの深い緑が
素敵です!
エゾノシモツケソウは、まるで珊瑚のようで鮮やか
な色が印象的ですね。
Commented by obokaza at 2012-06-30 00:33
Lucentさん、こんばんは。

行者ニンニクは私もこちらに来て初めて知りました。
春の山菜の定番なんです。
ほかのも北海道っぽい名前がついていたので狙ってみましたが、
どこが特別なのかは正直分かりません。


<< 初夏の北大植物園~②      6月・道庁周りの花たち >>