2013年 09月 09日
一枚のキップから~⑧ニセコ駅から倶知安
長いシリーズ、いよいよ終盤です。


まずはニセコ駅の様子を
b0225108_054883.jpg

b0225108_053828.jpg

b0225108_053085.jpg

b0225108_052382.jpg

b0225108_051556.jpg

b0225108_05674.jpg

b0225108_045746.jpg

b0225108_044627.jpg

小樽行きがやってきました。
b0225108_043850.jpg

b0225108_043018.jpg



比羅夫駅、「ゆ」とあるのは、この左隣に宿泊できる小屋があり、そこに泊まる方用の温泉です。
b0225108_041850.jpg


羊蹄山、結局姿は見えず。
b0225108_04933.jpg

倶知安です。この区間はご一緒したちょうど母くらいの年齢の方と話が弾み、とうもろこしとトマトをいただきました!
b0225108_03494.jpg


最終回へ続く

by obokaza | 2013-09-09 18:00 | 紀行 | Comments(2)
Commented by 鈴猫 at 2013-09-10 13:04 x
この駅を知らない人は、くっちゃん駅は漢字だけの表記では絶対読めないでしょうね。

りんかい線の東雲駅で『どうして、この漢字でしののめと読むのですか?』と漢字をかなり勉強したらしい外人さんが顔を真っ赤にして大声で一緒にいた日本人に流暢な日本語で話していたのを思い出しました。

日本語は難しいです。
Commented by obokaza at 2013-09-10 22:06
鈴猫さん、こんばんは。

東雲のように意味から来ている読みに比べると、
北海道は基本アイヌ語の当て字なのでそのままで良いケースが多いと思います。
倶知安はこの地域の中心都市ですが、やはり難読の部類ですね。


<< 一枚のキップから~⑨倶知安から小樽へ      一枚のキップから~⑦ニセコ駅周... >>