2014年 06月 19日
タウシュベツ紀行~ツアーで近づく②
タウシュベツ橋梁の後半です。

今年は春先からの雨量が少なく、平年であれば橋の下まで水が来ているはずのところ、まだこのような状態でした。

ただ、このところの雨量が増えているので、糠平ダム湖は増水し、いずれは橋全体が水没するとのことです。

そして冬には水面が1m弱の厚さで結氷し、そのまま水面が下がるときに氷が橋を削ったりするので劣化がどんどん進むのです。

繋がった姿で見ることが出来るのはあとわずかと言われています。

b0225108_2245291.jpg


鉄筋がむき出しになっています。
b0225108_22444895.jpg

b0225108_22442919.jpg

この60年前はこの上をSLが走っていたんですね。。。。。
b0225108_22441547.jpg

b0225108_2244068.jpg

b0225108_22434493.jpg


40分少々の時間はあっという間に過ぎ去り、太陽が出てきたところで再集合時間となりました。
b0225108_22433038.jpg



ツアーはまだ続きます。

by obokaza | 2014-06-19 20:00 | 紀行 | Comments(8)
Commented by NABE3 at 2014-06-19 21:59 x
STFの上品なとろけ具合の余韻に浸る間もなく「タウシュベツ」!

知りませんでした。ググってしまった・・・


北海道、凄い底力ですね。単にきれいなだけではない。

続くんですね、楽しみです。
Commented by rubyrose at 2014-06-19 22:32 x
こんばんは☆…

1枚めから、ハイテンションになってしまいました。
凄い凄い!
さすが、遺産。
ドキドキしますね。
列車が走っていたなんて、湖底に沈むなんて…幻の橋に冒険と浪漫を感じます。

伝説やファンタジー物語とか、ないのかな?
何だかとっても…

わくわく♪
Commented by matacky at 2014-06-21 17:39
おー?! 行かれたんですね!

私もGW前半に行きましたが
その時より随分水が近づいてきてます^^;

熊さんはいませんでしたか?(笑
Commented by obokaza at 2014-06-21 23:24
NABE3さん、こんばんは。

まだまだ全国的には知られていない場所があると思います。
ここは、ずっと行きたかった場所でしたので感慨もひとしおでした。
Commented by obokaza at 2014-06-21 23:26
rubyroseさん、こんばんは。

実際行ってみるとハイテンションというか
現実ではないような不思議な感覚になりました。
鉄道遺跡と、それが固定に沈むという
いろんな要素が詰まっていました。
Commented by obokaza at 2014-06-21 23:27
matackyさん、こんばんは。

はい、影響を受けてしまいました!(笑)
今年は遅かったようですが、間もなく橋のところまで
水が来そうな感じでした。
クマの爪あとはしっかり見てきましたが、遭遇はありませんでした。
Commented by mackenrow2 at 2014-06-22 15:19
いやー、写欲が刺激されまくりました!
こんなところで一人で自然に溶け込みながら写真を撮ってみたいです。
しかし熊さん出そうなのでびびりそうですが。。。
Commented by obokaza at 2014-06-22 23:41
マッケンさん,こんばんは。

でしょう!超おすすめですが、
アクセスは決して良くないんですよね。
クマは、普通に出ますよ。(笑)


<< タウシュベツ紀行~幌加駅跡      タウシュベツ紀行~ツアーで近づく① >>