2012年 03月 30日
高速ニセコ号で行く~小樽から倶知安
ニセコ紀行、続きです。

b0225108_0354956.jpg小樽駅前を出発したニセコ号は、余市方面へ進みます。
b0225108_035464.jpgこのあたりから海岸の風景も厳しさを加えてきます。

b0225108_0354482.jpg余市が近づきます。
b0225108_035416.jpg余市駅前、考えてみればこのバスは函館本線に沿っているんですね。でもバスの方がホテルなどへ直通するので、鉄道は分が悪いようです。
b0225108_035373.jpg
余市を過ぎ、内陸に向かうとさすがに雪が深くなります。
果物の町、仁木町を過ぎて峠を一つ越えます。
b0225108_0353440.jpg
バス停も半分埋まっていました。
b0225108_0353251.jpg
そして倶知安の町に入ってきました。

つづく・・・

by obokaza | 2012-03-30 18:00 | 紀行 | Comments(8)
Commented by lucentx at 2012-03-30 21:55
こんばんは
高速ニセコ号での、バスの旅?を満喫されたようですね。
前回の記事を見たとき、小樽へ行ったのかと思ってしまい
ましたが、よく見たらニセコへ行ったと書いてありました。汗);
小樽の北一硝子懐かしいです。
バスの中からの撮影、意外と難しいのですよね。
昔、バスツアーで苦労した想い出が...
Commented by Lapis-k at 2012-03-30 22:21
 こちらでは桜の開花のニュースがありましたが、まだ雪が深いですね。
寒いでしょうが、こんなバスで、景色を楽しみながら旅をしてみたいものです。
色々な所へ行けて、羨ましいです。
Commented by TRIP at 2012-03-31 00:00 x
いやーローカルですねー。
私の父は倶知安出身ですので、このあたりは子供の頃は
よく行きました。
でも、仁木から国富の間に峠ってありましたっけ?
あーもう、記憶が・・・倶知安峠じゃないですよね?
ニセコに行ったら、スキーでもされたんでしょうか。
わたしはアンヌプリが大好きでした。今は、東山、高原、
アンヌプリが一元化されているとききましたが、当時は、
全て別会社で、リフト券も別々でした。
ニセコや倶知安は私にとって、想い出の宝庫です。
Commented by littlenap at 2012-03-31 12:16
ニセコというとスキー場のイメージがありますが、
いったいどんなところなのでしょう。
興味深々、一緒に旅させていただいている気分で
続き楽しみです(^^)
Commented by obokaza at 2012-03-31 19:15
lucentさん、こんばんは。

今回のバスは比較的空いていたので狙った方向を写すことは大体できたのですが、
何時シャッターチャンスになるか分からない初めてのコースでしたので
うまく言ったとはいえませんね。
でも個人的には楽しみことはできました。
Commented by obokaza at 2012-03-31 19:16
Lapis-kさん、こんばんは。

久しぶりの長距離、しかも路線バスだったのが面白かったですね。
雪はまだまだ深く、今日は札幌でも雪になっています。
Commented by obokaza at 2012-03-31 19:18
TRIPさん、こんばんは。

こちらの方も地元だったんですね。
ankoさんも倶知安に住んだことがあるらしいですね。
峠というほどではないですが、結構長いトンネルがあったと思います。
アンヌプリ、これから登場しますよ!
Commented by obokaza at 2012-03-31 19:19
ちょこままさん、こんばんは。

私も実はニセコは初めてでしたが、古くからあるスキーリゾートで
落ち着きもあり、なかなか素敵な場所でしたよ!
続きをお楽しみに!!


<< 高速ニセコ号で行く~倶知安から...      高速ニセコ号で行く~札幌から小樽 >>