タグ:ラーメン ( 39 ) タグの人気記事

2014年 08月 08日
ラーメンを喰らう~その34
b0225108_16381261.jpgトップバッターは「にぼshin. 北24条店」で”にぼちゅう”(煮干中華そば)

以前ひばりが丘のお店でつけ麺をいただいて以来、ついに人気店のこちらにお邪魔しました。ビジュアル的には、ベーコンのような皮付きチャーシューの存在感が目立ちます。スープはもちろん煮干がぐっと来ますが、ザリザリ感や臭みはほとんどありません。そして、煮干だけでなく、ベースにとんこつもあるのか、深みとコクも同時にあるので、これは確かに旨いです!麺は、黄色い、それほど縮れていないタイプ。前は700円だったのが新年度730円と消費税相当が上がったみたいですが、この内容ならまだまだ納得できます!
b0225108_1638052.jpg北4西14の「華龍」のしょうゆラーメン

ホントはラーメン+ミニカレーを狙ったのですがなんとカレーが売り切れてました!大ショック!!気を取り直して、正油ラーメンをオーダー。ここでおばちゃんの「うちのは野菜がのるけどいいかい?」の決まり文句が来なかったので、ひょっとして覚えててくれたかな?と思ったけど、間髪をいれず「どこから?札幌かい?」と来たのでちょっとがっかり!まあたまにしか来ませんからね。。。
さて着丼!しょうゆの割には比較的澄んだスープに縮れではあるが、やや固茹での麺、そして例によってもやしを中心に野菜も結構載ったデフォです!
勿論ワンコインというCPの高さもあるけどおばちゃんとの微妙な、しかし暖かい会話と懐かしきバランスの一杯が、時々無性に恋しくなるんですね。

b0225108_16374627.jpg市街地、時計台にも近い「Q」で白湯(塩)

夜は鳥のお店のようですが、ランチはラーメンという二毛作店です。
白湯(塩)これは、知っていたもののちょっと意表を衝かれます!まず、麺が平打ちですし、スープの風味も無国籍風です。いや、美味しいんですが、普通の鶏白湯を頭に描いて口にすると???だと思います。クリーム系の和風スープパスタって感じ!
そう分かると、にんにくチップも含めてバランスは取れてますし、どちらも共通の鶏と豚のダブル肉トッピングも含めての完食となりました。総合的には、どうでしょうか。値段も含めて大プッシュとまでは行かないかもしれませんが、雰囲気とあわせてまずまず、気分によって清湯の再訪はありかなと思います。むしろ夜の部が気になる!

b0225108_16373119.jpg西線9条旭山公園通の「木曜日」で煮干正油(追い煮干あり)

まずスープを一口!追い煮干オーダーだけあって、煮干の風味がかなりストレートに来ます。塩分もやや高め。暑い日には旨く感じます。麺は低加水かと思いきや、結構モチモチ感あり。嫌いではありませんが、固めオーダーをしなかったことをちょっと後悔です。スープの温度が熱々ではないことを含め、個人的には許容範囲ながら好みによっては異なる評価もあるかもしれませんね。
チャーシューもバラながら歯ごたえを残したタイプで好感でしたし、全体的にワンコインとは思えないレベルだと思いました。狸小路の赤星さんもそうですが、重量感ではこちらかな。立地的に、地元のラーメン屋さんの良さを持ちつつ攻めの姿勢も感じられるお勧めのお店だと思いました。

b0225108_16371883.jpg札幌駅地下街「万豚記 札幌店」で冷やし黒ごま坦々麺

暑さ対策で刺激を求めて!要は冷製の汁なし坦々麺ですね。赤いものがかなり目立ち緊張です。でも食してみるとごまの風味とコクで辛いだけではなくどんどん進みます。途中、サービスのライスをほおばったときに痺れている感じが実感され、快感へと変わります。ライス、大でもいけたかな・・・
b0225108_1637013.jpgラストは旭川「ひまわり東鷹栖店」のモルメン辛いの!

気にはなっていたものの、機会がなかった旭川ホルモンラーメンです!
オーダーは勿論「モルメン辛いの」。(という名前のメニューです)見た目、赤みが強く辛そうに見えますが、
スープを飲んでみるとかなりマイルドな印象です。ピリピリ感はそれほど感じない「辛味噌スープ」でしょうか。
そしてホルモン!程よく焦げが入っていて、味、食感とも最高です。これでライス2杯(勿論ビールも可)行って終わりでもいいかな!とちょっと頭をよぎる味です。
麺は中細、やや縮れたタイプ。麺自体のタイプとしては好みではないのですが、このスープには合っていました。スープ自体も癖になる感じでほぼ完汁いたしました!地元の方に愛されている感じがひしひしと伝わってくるお店の雰囲気、いいですよね。



ご馳走様でした!

by obokaza | 2014-08-08 20:00 | グルメ | Comments(6)
2014年 07月 11日
ラーメンを喰らう~その33
シリーズ第33弾は、出張先と札幌市内と3軒ずつご紹介します。

先ずは出張先、羽田空港から各地に乗り継ぐ街での食べ歩きです。

b0225108_17361546.jpg「らーめん 潤 蒲田店」で岩のりらーめん

京急蒲田駅からJR駅へ向かう乗り換え途中、気になっていたこちらに立ち寄りました。札幌ではあまり見かけない燕三条系です。
券売機左上の法則に負けて、この名物メニューにしました。岩のリが全面を覆っていて中の様子が分かりませんが、麺の迫力と背脂の様子が確認できます。
こういう麺も一つのジャンルとしてかなり好きです。しかも固めオーダーですので歯ごたえ十分。のりをスープに浸しつつ、背脂と渾然一体となって口の中で幸せになっていきます。前半はやや硬い岩のりが、後半はトロトロになっていく変化を楽しむもよし!
こういう店、札幌にも欲しいです。
b0225108_1736820.jpg「たまがった 横浜駅西口店」の基本のラーメン

二回目のご紹介かもしれません。激戦区横浜西口で見事生き残っていて嬉しい限りです。
今回の訪問では、以前の印象に比較すると、とろみがやや弱く、醤油味が勝っていたように思いました。
たまたまなのか、実際に少しずつ変わっていっているのかはわかりませんが。。。
麺は最初は「カタ」でいただき、まだいけそうだったので替え玉は「バリ」でいきました。替え玉のときに、濃縮タレなどで味を調え、紅生姜やゴマとともにワシワシと口に運ぶこの感覚!
まさに自分にとってのソウルフードであることを再認識させられますね。

b0225108_1736283.jpg川崎駅近くの「玉 赤備」で「味玉豚鶏中華そば」。

とんこつ醤油風の色と香りです麺は細くはないですがストレートで、固めの湯で具合も含め個人的にはストライクでした。
スープを一口。結構濃厚で鶏も入っているのは私の舌では言われないと分からなかったかもしれません。細かい粒子も感じられ、ずっしりとしたイメージですね。
味自体は概ね私の好みですのであっという間に麺完食です。味玉はまるごと浮かんでいて、割っていない状態でしたが、食べてみて納得で、いい感じの半熟でした!
駅近、商店街の中と言う立地、そして内容的には十分納得でリーズナブルな価格だとは思いつつも
やはり絶対的にはやや高いと思ってしまいます。(札幌と比べたら申し訳ないですね!)



後半は札幌市内に戻ります。

b0225108_17355552.jpg「麺や ハレル家」札幌駅の東側、2回目の訪問です。

今回は煮干し系と決めて伺ったのですが、確かあっさりと濃厚の2種類あったはずが濃厚だけになっています。
着丼とともに煮干しの香りが漂い、いざスープへ。うーん、さすがに濃厚。煮干しの細かいのも混ざりこんで
舌の上で存在感を持ちます。鶏白湯とのダブルスープとのことですが、こりゃ煮干醤油の存在感が圧倒的ですね。
麺は中細のストレート。面の固さオーダーもあるみたいなので私にはもう少し固めが良かったかな。
スープの中にはネギとタマネギもあり、さらに柚子がアクセントになっていました。一気に食して、スープのうまみを感じる終盤戦。。。ちょっと塩分の高さが気になってきました。非常に美味しいので完汁したかったところですが、少し残してしまいました。残念。割りスープもらえばよかったかな、と帰路反省でした!

b0225108_17354743.jpg北12条東で「ラーメンこぶし」 豚醤マー油(ライスサービス)

昼休み、「豚醤マー油」と言うメニューに惹かれて初めてこちらへお邪魔しました。
7~8分で着丼、ライスと一緒にトレーに乗った状態でした。スープはしっかりトンコツしてますね。蓮華の中には、小葱とともにタマネギも入っています。
麺は細めのストレートですが、極細ではありません。しっかりとした歯ごたえを感じます。食感は好みですが、スープの絡みがやや弱めなのでズズっと行きたくなる感じでした。
大ぶりのチャーシューはも優しい感じの味付けですね。人によってはもう少し濃い味を、と言うケースもあるかもですが、ボリュームあるのでバランスとしては正解だと思いました。
結局13時までサービスライスもいただき十分な量になりました!
このお店は月2回の水曜日に「エビ」の店になるのでそちらも試してみたくなりました!

b0225108_17354037.jpg狸小路の「炎神」でW辛味噌ラーメン

このお店の2回目、今回は大阪の師匠とやってきました。前回は2012バージョンでしたのでこちらのメニューにしていみました。
相変わらずとろりとしたポタージュに近いようなスープに、赤白2色になっています。この白いのが結構辛く、全体として麻婆豆腐とイメージも感じました。飲みの締めの一杯ということで、細かいレビューが出来ませんが、落ち着いたお店の雰囲気もあってラーメン屋さんっぽくない空間で楽しく食すことができました。
またゆっくり味わいに来ます!


今回もご馳走様でした!

by obokaza | 2014-07-11 20:00 | グルメ | Comments(4)
2014年 06月 13日
ラーメンを喰らう~その32
32回目、大鵬の優勝回数に並びました!(笑)
ご紹介したラーメンも200杯に近づいています。


b0225108_2140990.jpg北1東7 バスセンター駅が最寄の「鶏花」 とり和風塩らーめん

遅めのランチタイム、サービスの高菜おにぎりがまだありました。
和風ということで塩分は控えめ、その分鶏肉の味を含めて甘みを感じる味付けでした。具沢山で黄色い玉子が印象的です。好みは分かれるところでしょうが、これはこれでありだと思いました。ただネットを見るとその後の営業状況が不詳のようです。


b0225108_21395785.jpg中の島1条9、地下鉄駅(南平岸・澄川)からはちょっと離れる、の「我流麺舞 飛燕(がりゅうめんぶ ひえん)」で飛塩。

ここも人気店ですね。鶏ベースなんでしょうが、鍋で思い切り炎を上げています。そのたびに香ばしさと煙が店内に満ちていきます。期待が高まります。スープを掬うと期待通りの焦げ風味とともにタマネギやひき肉も入ってきます。独創的ですが非常にレベル高いと思いました!他のメニューも食べてみたいですね。




b0225108_21394234.jpgススキノややはずれの「信玄南6条店」 信州コク味噌。

徒歩圏内の人気店ですが今回が初訪問でした。安心のブランドでリピーターも多いようです。味噌にもいくつか種類がありましたが基本のメニューをいただきました。やや甘めでコクのある非常にバランスのよい味ですね。個性的な店が増えていく中で、道外の方にもまさに北海道の味としてご紹介できるタイプだと思います。


b0225108_21392548.jpgエスタのラーメン共和国に再登場した「初代 札幌らーめん共和国店」で 白たまり醤油。

南小樽の店にもお邪魔したことがあったので、今回は特別メニューにしてみました。スープには白ワイン、鶏油が入っているとのことで、あっさりだけどコクがあります。麺はつるつるに近い感じ、チャーシューはカツオみたいな不思議な食感でこれは好き嫌いあるでしょうね。色物に近いけど結局スープ完汁してしまいました!


b0225108_21391071.jpgここで東京で家系の「らーめん武蔵家国領店」 ホウレンソウマシ。

やはり関東では食べなれた家系は時々からだが欲しますね。ほうれん草マシにしたらほんとにどっさり、ライスサービスもあるので、これでほぼ満腹になりました!若いころはさらに濃い目とか頼んでましたが、さすがに最近はやめてます。(笑)
ちなみに隣にあった人気店の「熊王」は線路の北側に移転しています。


b0225108_21385640.jpg北18条と24条との中間あたりの「たく家」 豚骨醤油。

家系の少ない札幌に戻ってもやはり探してしまいました。スープの濃さなど当然選べますが、基本デフォで麺固めのみオーダーでした。まさに横浜家系・加水低め中太麺・濃厚豚骨とはいえ、「くどさ」はなく一般受けしそうな感じです。具材はうずら2個が目立ちますが、定番のホウレンソウは王道の家系ぶり。札幌でこれにありつければ良しとしたいですね。
2月オープンとのことですが、家系食べたくなることも多いのでぜひ頑張ってほしいものです。



b0225108_2138147.jpgおまけでもう一杯!もはや大阪でのいきつけのお店となった、南船場「どぎゃん」で今回は台湾まぜそばです。

ここのご主人の探究心は凄いです。ご自身食べ歩いて研究されており、行くたびにどんどんメニューが加わっていきます。今回はこの一杯ですが、見ての通りいかにも食欲をそそります。なんとカレーパウダーも入ってまぜて食すと、えもいわれぬ世界が口の中から広がりました。いつもながらニンニクを断念したのが心残りです。今回も感動の一杯をありがとうございました!

まだまだ続きます。。。

by obokaza | 2014-06-13 20:00 | グルメ | Comments(4)
2014年 05月 09日
ラーメンを喰らう~その31
なんだかんだと、結構たまってきましたので、ここらで金曜日恒例ラーメンVol.31です!

b0225108_22182822.jpgすすきの南、東本願寺電停そばの「ななつき」でべじそば赤。

新しいお店です。最近はやりのベジそば系ということで訪問してみましたが、この赤が気になっていってみました。

濃厚という感じではなくすっきりした感じのトマト系。トッピングの焼きトマトの甘みが沁みます。鶏肉とチーズを溶かせばますます風味が出て一気に食してしまいました。これは良い!こうなるとデフォの味も試したくなりますね。
b0225108_22182011.jpg北13条東の「チャルメラ番長」でアツ男(辛味噌・中辛)

ちょっと前まですすきのにあったお店のはずですが、いつの間にか移転してランチ営業もやってました。
ここはタンメン風な具材が嬉しいお店でそこは受け継がれてました。生姜の効いた豚肉野菜炒めが載っている感じで結構好きです。ブタキング系らしいですね。
b0225108_2303480.jpg北34条の「煮干らぁめんなかじま」 しょうゆ

ここもかなりの人気店です。「こいにぼ」狙いでしたが午前中のうちに売り切れたとのことで、デフォのしょうゆをいただきました。清潔で気持の良い店内でいただく煮干100%スープのラーメンはどこまでも素直でスープまでも一気に飲み干したくなる味でした。人気があるのも納得!こいにぼが恋しい。。。
b0225108_22175393.jpg狸小路7丁目近くの「ラーメン薫薫」で潮ラーメン。

鶏ベースの優しい味でした。ランチはゆで卵とライスがサービスでつくので、着丼までの間ゆで卵を楽しみます。他にも岩塩とか、アルプス塩とか、塩にこだわったメニューがあり気になりますね。この界隈ではすっきり系としての存在感を感じました。


あと2軒は札幌の「きのこさん」の影響で訪れたお店です。

b0225108_2217341.jpgサツエキ近くのガード下「銀」で坦々麺とシュウマイ。

辛いの好きな私が見落としていたお店。早速訪問です。見た目ほどガツンとくる辛さではないですが、本格的にじわっと来ます。でももう一息辛くても良かったかな。むしろシュウマイが美味くて感動!でも店の人の話ではこのサイドメニューは結構変えているようですね。セットにするといつものランチ価格平均を超えることだけが難点か!


b0225108_22172349.jpgそして平岸の「らーめん千太」 しお

透き通ったスープ。そしてなんだろう!独特な食感のストレート麺。低加水なところを含め食べたことない感触ですがかなり好みです!味わいはシンプルなんですがしっかりと出汁が効いていて嬉しくなる味。癒しのラーメンでした。



もっと続きそう・・・

by obokaza | 2014-05-09 20:00 | グルメ | Comments(4)
2014年 04月 04日
ラーメンを喰らう~その30
2週連続のラーメンシリーズとなりました。ついに30回目です!

b0225108_0145774.jpg北区新川の「ラーメン八卦」 豚スープ

新川の住宅街の中、コクミン食堂さんの移転後の場所とのこと。店に入ると豚骨の匂いが結構しますね。九州人の私は全然OKですが、人によっては気になるかもしれません。メニューは豚骨と鶏だしと両方ありますが、ご主人久留米出身と聞いていたので迷わずとんこつです。素直なとんこつスープに背脂の乾燥したのがトッピングされていて風味を増しています。最初はカタ、もう少し固くてよかったので替え玉はバリで行きました。食べ方のポップの博多弁がちょっと不自然だったので指摘したところ、「わかりやすさを優先しました!」とのことでした。


b0225108_0144554.jpg新千歳到着ロビーの「あじさい彩」塩ラーメンチャーハンセット

いつも混雑している3Fのラーメン道場と違ってここは比較的空いています。セットにはドリンクも付くんですがこのメニューに合うものはないのでウーロン茶にしました。ビールなら少し高くてもいいんですが。。。
味の方は普通においしいレベルです。あえてここをチョイスするとすればゆっくり食べられるということでしょうね。


b0225108_0142813.jpg道庁の辛味噌ラーメン

普通の味噌ラーメンはレギュラーメニューですが、日替わりでスペシャルラーメンという食券があり、この日は辛味噌でした。CPからすると十分な水準ではないかと思います。ただ、すこし量が少なかったかな。


b0225108_0141368.jpg「自然派ラーメン処 麻ほろ 札幌ステラプレイス店」こってり醤油

前回は限定鶏塩でなかなかのレベルでしたので再訪。今度はデフォと思われる醤油にしてみました。自然派ということでうまみ調味料等不使用とのことですが、”こってり”とあってか思ったより塩分高め、舌にビリ感を感じたのは何故でしょう。味自体は好みでおいしくいただきましたが、やはりちょっとしょっぱい感じです。三度目があればまたあっさり系に戻したいと思います。


b0225108_0141882.jpgすすきのの「ラーメン研究所 我流る!」カリーラーメン小辛

4回目かな、私の中では最多タイの訪問数となりました。たいていは飲んだ後、ラーメン行きたいけど味噌の気分ではないとき、結構来てしまいます。小辛でも結構来ますよ。辛いの好きなんですが、中辛だとちょっと強すぎた覚えがあります。でも麺の後ご飯を投入するのがここの魅力。炭水化物だらけですね。


b0225108_0135324.jpg最後も同じく4回目の創成川イーストの「麺のひな詩」でえびどろ味噌

中古カメラ屋を冷やかした後、土曜日限定の「えびどろ」を思い出し寄ってみました。
相変わらずのドロドロ加減で、麺を引出し持ち上げるのも一苦労です。弱い割り箸は折れるかも。

海老スープに桜エビがさらにトッピング。そして味噌味という重い重い一杯。見た目は小さなどんぶりですがお腹にずっしりと来ます。ふー!
b0225108_0133995.jpg



今回もご馳走様でした!

by obokaza | 2014-04-04 20:00 | グルメ | Comments(4)
2014年 03月 28日
ラーメンを喰らう~その29
ラーメンシリーズ29回目、まだまだネタは尽きません!

b0225108_033310.jpgついに禁断のコイツをご紹介です。

札幌グランドホテル「ビッグジョッキ」の元祖ラーメンサラダ。

札幌の居酒屋ならほとんどの店のメニューになっているラーメンサラダ。実はここが元祖ということなんです。ホテルの中のレストランですが、リーズナブルな価格で食すことが出来ます。見てのとおり外見も美しく食欲をそそる一品です!
b0225108_031928.jpg豊平区・中の島駅近くの「らーめん 華麒麟」 塩。

一番上に添えられた柚子が目を引く美しい盛り付けです。スープ、鶏と豚骨に海鮮系もありますね。なかなか深いです。しっかりした味ですがどこか柔らかさも感じる味わいはかなり高得点でした。このあたり他にも気になるお店があるので自転車で探検しようと思いました。

b0225108_024519.jpg南北線の北の終点、麻布駅の近くの「北山龍」のやはりしお。

百合が原の帰りに寄ってみました。白い帽子、コックさん姿の上品な女性が作るラーメンのお店でした。まずそこにちょっとビックリ!旭川系とのことですが、メニューの一番上にあるしおをいってみました。チベット海底岩塩使用とあります。その塩分自体はやや控えめかな。でも十分に深さがあり、思わずスープを飲んでしまいそうになります。高レベル!他のメニューにもこだわりがありそうで気になります。
b0225108_022684.jpg大通バスセンター地下の「かぜまる」。二度目は海老塩。

このお店、種類が多くて結構どれも旨そうで悩むんです。海老系マイブームの中で今回はこれをチョイス!なんと大きな海老が乗ってます。勿論スープにもしっかりと海老の出汁が出ています。麺は細いストレートです。メニューによって麺が違うみたいですね。ピンクの粉も風味をプラスしていて全体に贅沢な満足感を得られました!




あと2件はススキノです!

b0225108_235647.jpgすすきのの「がごめ」で函館がごめ昆布塩ラーメン。

このお店、カラオケも歌えるカウンター居酒屋という感じです。せっかくなのでしばらく酒とつまみを楽しんだ後にラーメン行きました。がごめ昆布は函館あたりの名産の粘り気の強い昆布で、それを存分に生かしたスープと、麺にも練りこんであります。さらに粉末昆布をお好みで振りかけてネバネバ状態で食すと、えも言われぬ感覚になります。とろろご飯に近いかな。ちょっと癖になりそうです。
b0225108_2354158.jpgラストは「ジンギスカン十鉄」の十鉄〆ラーメン(つけ麺)。

ジンギスカンのあと、タレをつけダレにしてゆでたラーメンを投入します。ジンギスカンだけだとあっという間に終ったりするのでこういうのは面白いですね。


こんな状態で山小屋風のお店でした。ジンギスカンも旨いですよ!
b0225108_23554243.jpg



今回もご馳走様でした!

by obokaza | 2014-03-28 20:00 | グルメ | Comments(6)
2014年 03月 07日
ラーメンを喰らう~その28
b0225108_21591093.jpg小樽駅近くの「らーめん渡海家」 醤油ら~めん

店内はシックなバーのような作りです。看板の醤油をいただきましたが透明なスープでちょっとびっくりです。白醤油なんだそうです。細めのストレート麺。炙ったチャーシュー。そしてゴマが効いています。見た目の割にしっかりとした味を感じ食が進みます。これはめっけもんでした!

b0225108_2159229.jpg「おおくら山 千歳レラ店」 とんこつ醤油

アウトレットモール内にあるラーメン博覧会という一角にあるお店です。外国人観光客も含めて結構賑わっていました。いろんな味が選べるなか、王道?のメニューを注文。思ったよりレベル高くバランスされた一杯でした。ミニチャーシュー丼が50円というのもうれしいですね。
b0225108_21585426.jpg旭岳ロープウエイ、「山麓駅食堂 アルペンフローラ(姿見食堂)」ピリ辛味噌ラーメン

スノーシューツアー終了後に食しました。チャーシュー二枚は同行者からもらったものでおまけです。いわゆるスキー場のレストランですが、ラーメンだけでも結構な種類があるのが北海道らしいです。このピリ辛味噌はそれほど辛すぎず、塩分もいい感じでした。やや麺が伸び加減なのはご愛嬌でしょう!
b0225108_21584662.jpg旭川市街地 「一蔵本店」 正油らーめん

山から下りて市内散歩の後、夕食もまたラーメン!日曜とあって夕方以降は営業している店が少ない中、ホルモンラーメンをあきらめここにたどり着きました。老舗の一つです。面白そうなメニューをぐっと我慢して基本の正油。これが旭川の基本なんでしょうね。とんこつを感じる正油は意外にあっさりでした。この前にビール餃子行った後だからかな。
b0225108_21583625.jpgここから2軒は私の好みのお店の再訪です。

大通西14丁目の「桜香」 また、しょうゆ

100軒目に訪れ満足したお店。覚えていてくれました。この雰囲気がいいんですよね。味はとんこつに魚介も入ったややとろみのあるスープに低加水の麺。やはり非常に好みです。美園のやしちもいいけどもう少しあっさり目です。またまた満足!
b0225108_21582616.jpgすすきの「麺屋雪風」 濃厚味噌らーめん。

前回満足レポートでしたが、この数か月でますます人気が高まっていて、今回は20分ほど待ちました。でも一口スープを口に運ぶと、やはり来てよかった!となります。すすきのの味噌ラーメンでは間違いなく一押しの店です。


ご馳走様でした。


近々またつづく予定

by obokaza | 2014-03-07 20:00 | グルメ | Comments(10)
2014年 02月 21日
ラーメンを喰らう~その27
今回はすべて札幌市内です。

b0225108_2216272.jpg「弟子屈ラーメン 札幌ラーメン横丁店」 魚介絞り醤油

久しぶりのラーメン横丁。今回は弟子屈ラーメンです。基本の魚介とんこつしょうゆですが、とんこつはあまり強くなく香ばしい風味と魚介が前面に出ています。見ためよりアッサリ気味な印象。さくっと腹に収まりました。味噌も試したいですね。
b0225108_221556100.jpg「ばりきや 札幌駅前店」 ばりきめん

2回目の訪問。前回は「ばりこてめん」でしたので、今回は基本の「ばりきめん」です。一風堂グループとのことで、安心して食せる博多ラーメンです。もちろん替え玉バリですが、もう少し安ければ満点でしょう。
b0225108_2215501.jpg美園「麺屋 やしち」塩らーめん

ここも2回目。前回はとんこつしょうゆでかなり満足しましたので、今回は塩で行ってみました。とんこつの旨さがストレートに感じられ、やはりこのお店は私の好みに合うようです。口コミ等ではエビ系の人気が高まっているようですので次回は試したいですね。
b0225108_22154339.jpg札幌駅近くのビルの地下「陳さんの盛興飯店」 辛口味噌ラーメン

出勤日のランチです。このお店では日替わり定食が多かったのですがお試しでワンコインのこのメニュー行ってみました。ゴマ風味の辛みそ、担担麺までいかない辛い味噌ラーメンでした。ワンコインなら質量ともかなり満足だと思います。
b0225108_22153688.jpgサツエキ地下「よし乃アピア店」 限定しおモヤシ増し

このお店、本店は旭川ですからしょうゆが基本なんでしょうが、「限定」の文字に負けてしまいました。そしてもやし増量にしたら見た目二郎系が着丼です!頑張って完食しました。塩とはいっても結構いろんなだしが感じられました。そして多分バターだと思いますが後味にかなり残ります。ちょっと不思議なおいしさでした。

b0225108_22152917.jpg北12条駅近くの「ラーメン屋 又造」 塩ラーメン

登山用品の「秀岳荘」に用事があり、すぐ近くのこちらを発見。試してみました。とんこつベースの塩なんですがスープ自体は非常に優しい味です。食べ進むうちに岩のりなどの豪華なトッピングの味と一体となり、だんだんと味わいが深くなる感じ。これは面白いです。再訪あれば評判のつけ麺も行ってみたいです。


以上6軒、ご馳走様でした!

by obokaza | 2014-02-21 20:00 | グルメ | Comments(10)
2014年 01月 10日
ラーメンを喰らう~その26
今年最初の金曜ラーメンシリーズ行きます!

札幌以外のものも取り混ぜての6杯です。

b0225108_2374155.jpg小樽市朝里の「孝一郎」 こってり醤油(+まかないご飯)

国道沿いの非常に小奇麗で接客も気持ちの良いお店です。縮れていますが低加水の麺、豚骨のしっかりとしたスープですが重くはないです。ネギやゴマがかけ放題なのは博多風でもあり全体に好みに近く嬉しいですね。このあとまかない飯を投入して最後までスープを味わえました!
b0225108_2372666.jpg名古屋 ウインクあいちB1 「麺や 六三六」 特製六三六ラーメン

名古屋出張で名古屋駅から地下を進んだところにある店に行き、せっかくなので特製いきました。煮干系が深く感じられるスープ、そして結構甘みを感じます。これも地方色なんでしょうね。いろんな味が溶け合った濃厚スープ。でもくどさはなく味わい深いです。この味はつけ麺でもいってみたくなりました。
b0225108_2371350.jpg宮の沢 「四代目 いちまる」 しお

白い恋人パーク近くのお店。ここも同僚の薦めです。魚介系スープの味をストレートに感じたくてしおにしました。もともと屋台ラーメンから発祥しているとのことですが非常に丁寧、すっきりとした中に出汁の味が深く感じられて思わずスープを飲んでしまいます。完成度高いですが、いろんな新作を次々出しているようで、近ければもっといろんな味を試したくなるところでした。
b0225108_237044.jpg帯広 「らーめん酒屋 三楽(さんごう)」 焦がし醤油らーめん

帯広駅から5分ほど、酒屋と名前があるので、バスの時間まで少しゆっくりと過ごしました。ビールとつまみをいただいた後、この焦がし醤油に行きました。確かに「焦がし」の香ばしさが広がりますが、どこか独特な後味が残ります。そう、昼間食した豚丼のタレを少し思い起こさせます。もしかして入っているのだろうか???カウンターだけど落ち着けるお店でした。
b0225108_2364552.jpgTOKYO豚骨BASE MADE by博多一風堂 品川店

正月、羽田にむかう途中でどうしても博多ラーメンが食べたくなって立ち寄りました。シンプルに豚骨、そして替え玉。解説は要りませんよね。しかし駅中なのにずいぶんとおしゃれなお店ですね。
b0225108_2362886.jpg自然派ラーメン処 麻ほろ 札幌ステラプレイス店 鶏塩パイタン 1180円 火水限定

年末最後の一杯としてサツエキのビルの中で少しばかり贅沢なラーメンを食しました。
これ限定で、なんだろうスープに全て溶け込んでいるような(実際そうらしい)濃厚な鶏スープです。結構感動。具ももちろん豪華ですが、このスープだけで金額の価値はあると感じました。



ご馳走様でした!

by obokaza | 2014-01-10 20:00 | グルメ | Comments(6)
2013年 12月 13日
ラーメンを喰らう~その25
2週連続で金曜のラーメンです。今回は味噌系、そして辛めのものをまとめました。

b0225108_2292993.jpg平岸の「フジヤマロック」 味噌カレーヌードル たこちゃんウインナーのせ

平岸駅地下直結のちょっと怪しい飲食店街の一角、まず知らないと入れない感じです。なかはコンクリ打ちっぱなしの薄暗い舞台つきスタジオみたい。券売機でメインと隠れメニューのたこちゃんウインナー食券をゲットし三味線勉強中というお兄さんに渡すと、お互いにニヤリ!平縮れ麺のミソカレー味、しかもセアブラバリバリの個性の一杯、道場破りのような心境で食しました!なんのこっちゃ。
b0225108_229151.jpgKKRホテルの地下、「ブールデル」の坦々麺。

会社の近く、ホテル内とはいえCPの高いお店が3軒入ってます。いつもは点心セットなんかですが、麺も行ってみました。特筆するものこそありませんが安心して食すことが出来、ボリュームもなかなかのものがありました。
b0225108_229335.jpgエスタ地下「四川飯店」 成都風坦々麺。

このエスタの10Fには四川飯店のちゃんとしたお店がありますが、ここ地下にはその分店があり、イートインコーナーみたいになっています。このメニューは汁なしの現地風メニュー、痺れ具合がたまりません。こんなコーナーでこんな麺が食えるとは驚きでした。


b0225108_2284815.jpg江別 野幌の「松喜」の辛味噌。

野幌散歩の目的の一つ。地元の人気店はこの日も少々待って座ります。メニューが味の濃さや味、トッピングなどでかなり豊富、というか自分の好きな味に仕上げる感じです。この辛味噌も人気上位のメニュー。チャーシューは箸をつけるとホロホロになる感じ。スープもややとろみと深みがあって辛味とのコンビが最高でした。他のメニューも試したいけどさすがにここまでくることは無いかな・・・
b0225108_2283538.jpg敷島ビルの東一 味噌セット。

昔ながらの味噌ラーメンって感じです。基本600円でチャーハンつけても650円。これはサラリーマンの味方ですね!
b0225108_2282226.jpgラストは静修学園前電停近くの「朱蓮」 参(味噌豚骨)。

土曜日の昼過ぎでしたが、最寄の高校生男子と思われるグループが凄い勢いで替え玉をしていました。替え玉80円ですから、これは男子にとってはありがたいのでしょう。わたしも若ければ一緒に競っていたかも・・・
いやいや味も中々ですよ。黒く見えるのは黒ゴマ粒と練りの中間くらい。全体として完成度高いです。ここも他のメニューも試してみたくなりました。


まだまだ・・・

by obokaza | 2013-12-13 20:00 | グルメ | Comments(12)